電髪学生の雑記

何かを外に発信することで考えや理解をより深めるためだけの雑記。

香港の高校生から聞いたデモの裏側

f:id:denpatsuhibi:20190620112147j:plain

 

 僕は今、香港に滞在していてそこで何人か友人ができました。6月10日、そのうちの1人の高校生の友人からものすごい数の連絡。見てみると大量のボイスメッセージと写真と動画が送られてきていました。最初のメッセージが日本語で「警察に気をつけろ」だったので少し驚きました。

 

彼からの連絡だけで50件以上あったのでとりあえず下までスクロールしてみたら、

「この状況をもっと外国の人にも知ってもらいたいんだ。君にも伝えて欲しい」

と彼からの言葉が最後に添えられていました。そこでこのすごい数のボイスメッセージの内容が何なのかわかったのでイヤホンをつけて何度も聞きました。

 

どうして行われたのかわからない!という方は香港の友人から送られてきた記事と動画があるのでこれらを参考にしながらからこの記事を読んでみてください。

【解説】 なぜ香港でデモが? 知っておくべき背景 - BBCニュース

 

香港「逃亡犯条例」改正、状況緊迫の背景から中国の思惑、経済的影響まで | LIMO | くらしとお金の経済メディア

 

【香港デモ】そもそもなぜデモが起きているのか?【逃亡犯条例改正案】 - YouTube

 

 

 

6月9日、香港で大きなデモが行われました。

デモが行われた時、僕はこの日に行われることを知らずお気に入りの図書館に行くために銅鑼湾(Causeway Bay)にいました。 まあまあ近くにいました。

 とは言っても電車で約15分の距離なら…と思いますよね。

集合場所がまさかのCauseway Bay Stationのすぐ右上のヴィクトリアパークだったんですね。ばったりでくわしてしまい僕は念のために離れました。駅へ向かうと、

  デモ参加者で溢れかえった光景を見て規模の大きさを感じました。マイクや拡声器を持って参加者を鼓舞する人やそれに反応する人たちの熱は尋常ではありませんでした。

  この日のデモでは103万人が参加したと発表されています。香港の人口は約700万人、つまり7分の1の人が参加したということになります。「逃亡犯条例の改正」がいかに香港を揺るがすものなのかを表していますね。(この条例改正自体も問題ですが政府はもっと慎重にこの議案を進めるべきだったと思います。)

 

どうにか帰宅した翌日に彼からの連絡が。テレビがなくニュースは携帯のみなので詳しくは知らなかったのもあって話を聞いたり写真や動画、GIFを見て驚きました。

*暴力的な動画が含まれているので苦手な方はご注意ください。

youtu.be

http://1.bp.blogspot.com/-LD7VZxwvUiU/VC0CieOwx4I/AAAAAAAAASI/qDmVEWtx7Kg/s1600/15221752460_ef50cf9c8d_o.gif

www.facebook.com

www.facebook.com

 

警察の対応がただの暴力になっているように見えました。一定の距離からかけないといけない催涙スプレーを至近距離でかける無抵抗な人を大人数で囲んで警棒で殴る太ももより下な撃つことを許可されているゴム銃を顔に撃つなど友人はその非人道的な行動が許せないと言っていました。そして今回のデモの被害が大きいのは人数規模が大きいからではなく政府と警察の鎮圧対応がかなり激しかったからだとも言っていました。鎮圧ではなく暴力ですね。非暴力デモに対しての暴力鎮圧は納得いきません。ですがこれだけの人数がいて誰も暴れないほうがおかしいと思います。実際過度な暴力を振るうデモ参加者もいたから警察も自己防衛のために武力行使をせざるを得なかったのでしょう。やりすぎな部分もあるけど。両者の良くない面が見えました。

友人の彼はきっと僕に送った動画やニュースを見てさらに怒りを覚えたのだと思いました。メディア、情報が国民の怒りを強くし、争いを激しくしているのではないか、それが今回の行き過ぎた鎮圧が生まれた理由の1つだと思います。嘘の情報も流れていて情報による混乱も起きています。

こういう時にメディアが過激化の原因になってはいけないですよね。日本もそうですが最近の報道や記事は何かが間違っている気がします。(何かはわからない)命も危ないからどうか冷静にと思います。

 

「警察に気をつけろ」と最初に僕にメッセージを送った理由はデモに参加してなくても若い人は捕まったり殴られる可能性があるかららしいです。これは本当か定かではありませんが政府と国民の間にかなりの緊張状態であることは間違いないです。

 

15日「逃亡犯条例の改正」「期限を定めずに延期することになりました。これを国民の勝利と報道するメディアもありましたが国民は納得していませんでした。取り下げではなく延期だからです。SNSでは「616見」(6/16に会おう)と多く投稿されました。

 

そして16日、前回をさらに上回る200万人という歴史的人数のデモが行われました。香港の4人に1人がデモに参加したことになりました。条例が改正されてしまえばデモも中国へ反対の主張もできなくなってしまいます。可決されてしまえばおしまいなんです。

www.cnn.co.jp

 

明日、26日条例撤回を求めて大規模デモが実施されるとのこと。

香港でさらに大規模デモ 26日 G20にらみ圧力 条例改正撤回要求(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

 

虚偽の情報が出回ったり、香港から離れる人がいたり香港は今かなり混乱に陥っています。警察もデモ隊も怪我なく解決すればいいなと思います。そして香港の人の無事と自由を願っています。香港加油!!!

 

 

 ↓のボタンのクリックお願いします!!

にほんブログ村 大学生日記ブログへ